涙です。母が私を忘れた日って。。

だれもが辛い体験を胸に

生きていると思うから

それをやさしさに

変えていきたい。

+++++++++++

涙です。

母が私を忘れた日って。。

+++++++++++

私の母は若年性認知症です。

 

かれこれ8年。

気付いて病院に行かせるまで2年。

治療が始まって6年。

 

まだ60代前半。。

 

ゆっくり忘れていって

混乱してきて

ついに息子の七五三の日

 

同じ場所にいることが落ち着かなくて

外に散歩に出た時。

 

穏やかになった母の顔から

こんな言葉が出た。

 

あなたのお母さんは何歳なの?

 

いつか来ると思っていた、この言葉。

 

思った以上に

冷静に受け止められました。

 

翌日に受けた 性教育の講義は、

人が生まれる命の話であって、

子どもにどれだけ愛しているかを

伝える話であって

子どもを愛するゆえに受ける講義であって。

 

あぁ、この話を母とできたなら、

どんなに幸せで楽しい時間になっただろう。

 

母に昔を懐かしんで話してもらい

私はどんなに満たされた

気持ちになっただろう。

 

顔を忘れられた時には涙は出なかったのに

講義の後からとても涙もろく。

私はまだ子供たちに話すことが出来る。

だから、今日も子どもたちに

命の話をたくさんしたい。

 

そして、この講座を色んな人に

知ってもらいたいと心からそう思う。

 

後回しにしないで、

いつかはこないかもしれないから。

 

伝えられるときに伝えてください。

 

 

実はこの話は一緒に熱海に行った

(不倫ぽいけどFBで潔白投稿済みw)

竹内なつみさんのブログより

引用しました。

 

 

告白します。。
(何を?)

 

 

僕の父も認知が進んでいて

「いつまでまともに話ができるかな?」

という考えもよぎっています。

 

 

僕のように認知以前に心肺停止したり

不慮の事故だって誰にでも可能性はあります。

 

 

だから、今日この日が最後でも

良かったと思える生き方、伝え方を

したいなって思います。

 

 

そんな竹内さんがご自身の経験と

学ばれたことで子供の

ほめ方についての小冊子を作られました。

 

 

「元気に生まれてきて」とだけ願っていたのに

「遊んでばかり…勉強はしたの?」

「ごはんの好き嫌いしないで!」

いつのまにか子どもへの期待や要求が大きく…。

 

\ 思わず ハッとしたパパママ 必見!! /
https://peraichi.com/landing_pages/view/takeuchinatsum1

 

心に届くポイントをつかんだ

たった一言で愛情をめいっぱい

伝えられるように!

 

そ れ も !

 

「赤ちゃんってどうしてできるの?」

「なんでパパとママの体は違うの?」

 

子どもからの突然の性の質問に

1秒で笑顔で返せるほめ言葉もご紹介中♪

 

これを見ずに子育てするなんて

もったいない!!

https://peraichi.com/landing_pages/view/takeuchinatsum1

 

 

ほめ言葉って

相手を尊重する伝え方ですから

本質をつかめば大人でも十分応用できます。

 

 

だって、保育園経営時代に子供たちのために

またんだスキルが大人にも使えてますもん。

 

 

見るだけ「無料」なのでぜひ(^^)

 

今日はここまで

それではごきげんよう~。

 

◆成田勉の大家になる会!(無料)

無料メルマガのご会員登録はこちらから。

いちいちホンネなメールをお目通しください。

http://ooyaninaru.jp/member/